ソフトウェア開発 C言語

配列に格納された身長データの最大値・最小値・平均値を求める

戻る


配列に格納された身長データの最大値・最小値・平均値を求めるコードは以下の通り。

/* 配列に格納された身長データの最大値・最小値・平均値を求める */
#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int i, n;
    double sum, max, min, av;

    /* 身長データ */
    static const double a[] =
    { 150.1, 186.4, 174.2, 149.9, 169.6, 159.2, 163.8, 156.9 };

    n = sizeof(a) / sizeof(a[0]);    /* 身長データの個数 */
    sum = 0.0;
    max = 0.0;
    min = 9999.0;
    for(i = 0; i < n; i++)
    {
        if (max < a[i])
            max = a[i];
        if (a[i] < min)
            min = a[i];
        sum += a[i];
    }
    av = (double)sum / n;

    printf("最大値は %f\n", max);
    printf("最小値は %f\n", min);
    printf("平均値は %f\n", av);

    return 0;
}

ソース: array.zip


国内格安航空券サイトe航空券.com

戻る

©片山博文MZ
katayama.hirofumi.mz@gmail.com

inserted by FC2 system