ソフトウェア開発 D言語

D言語をインストールする

戻る


では、早速、D言語をコンパイルできる環境をインストールしよう。

(ここではWindows XP以降のOSにD version 1をインストールするものとする。)

  1. DigitalMarsのDownloadのページから、 dmd.1.074.zip(2012年5月24日現在、最新のD1)をダウンロードする。
  2. 展開して中身をC:\に置く。「C:\dmd」というフォルダができる。
  3. 「マイコンピュータ」を右クリック、「詳細設定」タブをクリック、「環境変数」ボタンをクリック。
  4. 「環境変数」ダイアログが表示されたら、環境変数「PATH」の既存の値の右側に「;C:\dmd\windows\bin」を追加する。 環境変数「PATH」がなければ、環境変数PATHを新規作成して、「%PATH%;C:\dmd\windows\bin」の値を設定する。 ただし、すべてのユーザに設定したい場合は、システム環境変数に設定し、自分だけに設定したい場合はユーザ環境変数に設定する。
  5. 環境変数「LIB」を新規作成して「C:\dmd\windows\lib」を設定する。
  6. OKボタンを押して完了!

ついでに、リソースをコンパイルするなら、Basic Utilitiesのrccが必要なので、 Basic Utilitiesをインストールする。

  1. こちらのページ から、Basic Utilitiesをダウンロードする。
  2. 展開してできたdmフォルダの中身を、c:\dmd\windowsに上書きコピーする。

さらにIDE(統合開発環境)のMonoDevelopをインストールする。

  1. こちらのページから .NET Framework 4.0とGTK# for .NET 2.12.10とMonoDevelop 3.0 installerをダウンロードする。
  2. .NET Framework 4.0とGTK# for .NET 2.12.10とMonoDevelop 3.0 installerを順番にインストールする。
  3. MonoDevelopを起動し、「ツール」メニューの「アドイン マネージャ」を選択する。
  4. Galleryタブをクリックする。
  5. 「リポジトリ」のコンボボックスをクリック、「Manage Repositories...」を選択。
  6. 「Add」ボタンをクリック。
  7. 「Url:」に「http://mono-d.alexanderbothe.com」と入力して「OK」ボタンをクリック。
  8. 「Close」ボタンを1回押す。
  9. 「D Language Binding」を選び、「インストール...」ボタンをクリック。
  10. 「インストール」ボタンをクリックしてしばらく待つ。
  11. 「Close」ボタンを押す。
  12. これでインストールは完了です。

日本語マニュアルはこちらから。


国内格安航空券サイトe航空券.com

戻る

©片山博文MZ
katayama.hirofumi.mz@gmail.com

inserted by FC2 system