シグマの国の統治体制

【Σ】

戻る


我々シグマの国の治める体制について考える。

シグマの国は、法治国家であり、立法・司法・行政・報道の四権分立を実現する。 いかなる施政者によっても健全な統治がゆがめられることがないように、法による支配を原則とする。

施政者たちは、優れた専門家たちの助言を参考にしながら、自国の法体制・情勢・言葉・メディアが健全に発達するように、努めなければならない。 健全な統治でなければ、嘘や犯罪の蔓延(まんえん)した国になってしまい、それは、施政者たちの器が足りないということであろう。

力の持たない国家は、自国民の命を守れず、夜警国家にも劣る存在である。 そのような国家は、たとえ戦争が起きなくても、平和のうちに征服されてしまうだろう。 施政者たちは、命と財産と主権を守らなければならない。

シグマの国は、デジタルジュネーブ構想に共感する。 犯罪を抑止するために、インターネット上に「交番」を配置し、機械に対する法を確立する。 健全な統治体制の下で、悪意を持った機械に対する抑止力を保有する。


戻る

Copyright © 2017 Katayama Hirofumi MZ. All Rights Reserved. inserted by FC2 system