クロスワード ギバーでクロスワードを手動で作成する

トップページへ

←前のページへ 次のページへ→


クロスワード ギバーは、自動でクロスワードを作ることができますが、 手動で作る方法もあります。その方法を説明します。

クロスワード ギバーを起動し、「ファイル」メニューから「新規作成」を選んで下さい。

[イメージ]

「新規作成」ダイアログが作成されます。 手動ではあまり大きなサイズは難しいので、サイズは5×5とします。 「新規作成」ボタンをクリックして下さい。

[イメージ]

「カナ」の「謹慎」辞書を選びます。

[イメージ]

さて、これから手動で入力するわけですが、 クロスワード ギバーには、候補を表示して入力を補助する機能があります。 それを試してみましょう。

矢印キーで一番左上のマスに移動し、 一番左上のマスにローマ字で「I」(イ)と入力しましょう。

[イメージ]

さらに、「イ」の上で[Shift]+[Ctrl]+[→](ShiftキーとCtrlキーを押しながら右矢印) を入力しましょう。

[イメージ]

「候補」ウィンドウが表示されましたね。右矢印だったので横方向の候補です。

「候補」ウィンドウの中から候補ボタンをクリックすれば、 「候補」ウィンドウが閉じられて、自動的に候補が入力されます。 試しに「イイツタエ」を選びましょう。

[イメージ]

「イイツタエ」が自動入力されます。

これを繰り返せば、どんどんマスを埋めることができます。 もちろん、ローマ字入力で候補に頼らずに自分で思いついた単語を入力することも可能です。 空白キーで黒マスも置けます。

候補がなかった場合、「候補がありません」と表示されます。 パターンに一致する単語が辞書にないときにこうなります。

[イメージ]

(途中で問題作成が面倒になったら、「解」メニューの「解を求める」を使いましょう)

すべてのマスがうまく埋まったら、ヒントをつけましょう。

「解」メニューから「解を求める」を選べば、ヒントをつけられます。 辞書にない単語を入力した場合は、ヒントの入力が求められます。

ヒントを自分の好きなように編集すれば、問題の完成です。 出来上がった問題は、保存しておきましょう。


←前のページへ 次のページへ→

トップページへ

inserted by FC2 system