クロスワード ギバーのQ&A

トップページへ

←前のページへ 次のページへ→


クロスワード ギバーに関する質問と答えをまとめました。


Q.「セキュリティの警告」が毎回起動したときに表示されるのでうっとおしい。

A.EXEファイルを右クリックして出てくるメニューで「プロパティ」を選び、「ブロックの解除」ボタンをクリックして下さい。


Q.ファイルをいちいち選んで開くのがめんどくさい。

A.ファイルをクロスワードギバーにドラッグ&ドロップしても開けます。 Windowsで拡張子.xwjとクロスワードギバーを関連付けすれば、ファイルをダブルクリックでも開けます。 Windowsの種類によって関連付けの方法は異なりますので、「Windows10 関連付け」などでインターネット検索してみて下さい。


Q.辞書ファイルの「謹慎(きんしん)」と「自由」ってどう違うのですか?

A.「自由」は、悪い印象を与えるような単語や不謹慎な単語も含まれていますが、 「謹慎」はそのような単語は(たぶん)含まれていません。「自由」の方が単語が多いです。


Q.サイズが15×15のクロスワードが作成できない。作成に時間がかかりすぎる。

A.クロスワードギバーは、発見的な方法で解を探すため、サイズが9×9以上のクロスワードではかなり時間がかかることがあります。 9×9以上のサイズでは、「ファイル」メニューの「黒マスパターンから自動生成」を使って生成する方法を推奨します。


Q.自分だけの辞書を作りたい。

A.付属の「TechNote.txt」をご覧下さい。


Q.問題が作成されずに「問題を作成できませんでした」と表示されてしまう。

A.そのメッセージは、指定された黒マスパターンですべての組み合わせが失敗したときに表示されます。 辞書の単語数が少ないか、単語の長さの分散に問題があるか、黒マス・文字マスの配置が良くないようです。 「スマート解決」では使える単語の長さに制限があります(1〜5文字程度)。 無制限の長さで探索したい場合は、スマート解決を無効にして下さい。


Q.アンインストールの方法を教えて下さい。

A.インストーラー付きの場合、Windowsのスタートメニューから 「プログラム」を選び、その中から「クロスワード ギバー」と 「クロスワード ギバー をアンインストールする」を順番に選んで下さい。 インストーラーなしの場合は、展開したファイルを削除して下さい。 レジストリが気になる人は、自己責任のもとでレジストリエディターを使って レジストリ キー「HKEY_CURRENT_USER\Software\Katayama Hirofumi MZ\XWord32」または 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Katayama Hirofumi MZ\XWord64」 を削除して下さい。このレジストリキーは4KB以下なので、通常は気にする必要はありません。


Q.現在の設定をファイルに保存したい。

A.レジストリエディターを使えば、 レジストリ キー 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Katayama Hirofumi MZ\XWord32」 または 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Katayama Hirofumi MZ\XWord64」 をファイルにエクスポートできます。


←前のページへ 次のページへ→

トップページへ

inserted by FC2 system